つまりの原因と事前の対処

トイレつまりの際の排水修理に使われる代表的な道具にラバーカップと呼ばれる物がある。
これは棒の先端が半球状のゴムで出来ている物と、先端が半球状のゴムの代わりに蛇腹状の物があり、蛇腹状の物がゴム状の物より強力である。

ラバーカップは、排水口にゴムをあて棒を上下させ水圧を変化させる事によって排水管内の異物を動かしたり衝撃を与える事によって異物を排除するものである。
ラバーカップの他にワイヤー式パイプクリナーと呼ばれるワイヤーを回転させる事で排水管内の異物を排除する物や空気や高圧を排水管内に送り異物を排除する道具がある。
いずれの場合においても、注意すべきは異物を管内から排除すべきでその場しのぎでの安易な排除であればつまりの原因が排除された事にはならないので注意すべきである。

主なつまりの原因と事前対処


トイレ以外の排水も当然つまる事があるが、ほとんどの水まわりの器具には、トラップなる装置がついており、排水管内の臭いの流出や、排水管内への異物の流出を防ぐ役目を持っている(便器などは臭いの流出を防ぐのが主な役目)この装置を定期的をあるいはなるべく早期に清掃する事によって排水のつまりを減らす事が可能である。
各器具別の主なつまりの原因は流し台は、食べ物のカスと油分である。
洗面、お風呂は、やはり髪の毛で、洗濯排水は、衣類の繊維カスと粉せっけんのカスである。
次いで気をつけて清掃すべき場所だが、屋外や床下の点検出来る所に枡阻集器なる物がある。
この装置も異物などを溜めたり、点検出来るので清掃等を定期的に行うのがいいのである。

料金形態や業者の選定基準


ご家庭やご自身で修繕出来ない場合は、やはり業者に依頼する事になるのだが、やはり料金が気になるところであろう。
まず料金は基本料金があり、そこへ修繕状況、修繕内容に応じた金額が加算される事になるのである。
依頼者とすれば修繕料金を事前に把握しておきたいところではあるが、目に見えない事がほとんどなので、業者としても確実な金額を伝えられないのが事実である。
しかし何がいくら掛るかも解らないまま依頼する事は難しい。
そこで、業者には色々な形になった場合の料金を提示してもらい、確認後に依頼するのがいいのである。
また、業者によってはお盆年末年始、祝祭日、夜間、早朝による加算、距離によっては出張料等ももあるので事前に確認しておく事が大事である。

オススメリンク

ラバーカップを使う

私たちが生活する上でなくてはならないもの、水まわり。
その中の一つにトイレが挙げられます。
そのトイレですが何度がつまらせた経験があるのではないかと思います。
そんな時どうするのか。
業者を呼んで修理をすれば、お金がかかる…Read more

寒い時期の依頼には注意

水道業者の仕事の1つとして水まわりやトイレつまりを修理する業務があり、電話1本ですぐにかけつける頼もしい存在です。
ですが実際に依頼する時に気を付けなければならないこともあるため、注意すべきこととは何かということを説明していきます。

Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年5月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031