Health and Beauty

がん細胞の弱点

がん細胞とは熱に弱い細胞

がんという病気は、今や誰がかかってもおかしくない、メジャーな病気の一つです。がん治療には、抗がん剤、放射線が一般的な治療法です。そのがんの治療に温熱療法が有効なのは、あまり知られていない事実でしょう。加熱することによって、タンパク質は変性します。これは、人間の組織でも同じ現象が起こるそうです。変性は、どういうことかといいますと、死滅するということとお同じことが言えます。つまり、がん細胞は、加熱によって死滅することになります。温度が高ければいいと思われがちですが、高すぎても低すぎても効果はないようです。低すぎれば、がん細胞にダメージを与えられず、高すぎれば、正常な細胞まで傷つける恐れがでてきます。

温熱療法のしくみと可能性

それでは、温熱療法とは、どのような方法になるのでしょうか。温熱療法の最も効果がある温度は43度だといわれています。だからといって、お風呂に入ればいいというものではありません。体の外側の温度を上げるのではなく、体の内側の温度をあげなければならないのです。現在は、高周波で加温する医療用の機器が開発されています。これは、医療の現場でも温熱療法として使用されています。抗がん剤、放射線などで、効果が得られない場合、温熱療法と併用することも可能です。もちろん、副作用などはありません。この併用で、免疫力を高めたり、治療効果が増強されるなどの効果も期待できます。このように、温熱療法には、がん細胞だけにダメージを与えられるので、体に優しい療法といえるでしょう。制限はありますが、保険適用も可能になってきているので、ますます普及していく治療法になると思われます。